ペットロスについて

ペットロスについて

男性とペットロス

 「男は泣いてはいけない!」このような子供の頃から刷り込まれた自己概念は大人になるにつれ強固なものに成長し、悲嘆を解決するために本来必要である感情表出の妨げになる事があります。  概して男性の場合は女性や子供のように悲しみの感情をあ...
ペットロスについて

ライフステージとペットロス

 動物は人間の何倍ものスピードで歳をとります。出会ったころは仔犬や仔猫だった彼らですが、いつの頃からか白髪が混じるようになり、大好きなおもちゃと遊ぶことも減り、難なくジャンプしていたお気に入りの椅子に上がる事も諦めて寝てばかりいる姿が目立...
ペットロスについて

両価的(アンビバレンス)な感情と後悔

 ちょうど一月前、実家の母が半年の闘病の末に亡くなりました。何度か面会に帰省し、そろそろ覚悟が必要と言われておりましたが、今日か明日が山との連絡で慌てて身支度をしてやっと間に合った最終の新幹線で向かう途中、止めどもなく涙があふれて仕方が...
ペットロスについて

その励ましは誰のため?ペットロスの方への声掛け

 2週間前、私自身も愛する猫を亡くしたばかりで、まだまだ悲しみが癒えるには時間がかかるなと実感しているところです。そんな中、色々な方からご連絡をいただき、本当にありがたいと思っています。そして、改めて悲嘆に暮れている方への声掛けって難しい...
2019.06.30
ペットロスについて

誤解を恐れずに言えば・・・

 5月に母が亡くなりました。最期の2日間は病院に泊まり込んだのですが、その日はちょうど徹夜で疲れた父や兄たちを一旦家に帰し、私がつき添いをしているときに息を引き取ったのです。残念ながら私以外の家族は間に合いませんでした。 人の臨終に立ち会...
2019.07.07
ペットロスについて

怒りや後悔が救いになる!?

 やるだけの事はやったんだし、仕方がないよ。運命だったのだ。そう慰められてきましたし、私もそうやって自分に言い聞かせて諦めていくしかないと思っていました。後悔なんて何の役にも立たないと。   「そもそもこの手術って本当に必要だったの...
2019.07.14
ペットロスについて

不寛容と孤立感

 日本では欧米と違って、まだまだペットの死を軽視する傾向にあります。そのため、ペットを失った方がその悲しみの感情や強い苦痛を周囲と共有したり共感できないという社会的環境が、ペットロスの悲嘆を長期化させている原因にもなっています。  ...
2019.08.24
ペットロスについて

逢いたい気持ち-僕のワンダフル・ライフ

 ”僕のワンダフル・ライフ”という映画をご存知でしょうか?オリジナルタイトルは ”A Dog's Purpose” というアメリカ映画です。野良犬として生まれた犬のベイリーは、一度目の転生で命の恩人で最愛の飼い主となるイーサン少年と出会い...
ペットロスについて

ペットと一緒にお墓に入りたい

 ラジオを聴いていたらこんな興味深いテーマでしたのでご紹介します。最近、増えているのだそうです。ペットと一緒にお墓に入りたいという方。長年ずっと一緒に暮らした家族なのだから、亡くなってからも一緒に居たいと願う気持ちに共感する方も多いのでは...
ペットロスについて

新たなペットを迎えるタイミング

 人によっては、新しい子を迎える事で気持ちが癒える場合があります。しかし、その場合はタイミングや心構えに注意を払う事が必要です。あまり日が経っていないうちに新しい子を迎え入れると、どうしても前の子と比べてしまう事になってしまいます。保護団...