予期悲嘆

予期悲嘆

失うかもしれない恐怖 – 飼い主さんにしかできない事

 愛する我が子が病気になったり、あれ?いつもと様子が違うと気付いた時から私たちは緊張状態が始まってしまい、いつもより神経が過敏になります。この子がいなくなってしまったらどうしよう、当たり前だと思っていた楽しくて平和な暮らしを失うかもしれな...
予期悲嘆

お別れの予感-予期悲嘆

 今回は予期悲嘆に注目してみます。例えば、高齢や治る見込みのない病気などで死が避けられないとわかった瞬間から喪失の悲嘆が始まります。昨日までは、まだまだ無関係だと思っていた「永遠の別れ」という到底受け入れられない衝撃に、日常生活や心の平穏...
予期悲嘆

残された時間

 我が家のめるもは、今年(2019年)4月で20歳になりました。相変わらずの通院三昧ではありますが、何度もピンチを乗り越えてよくここまでこれたなと感慨深い思いです。大変嬉しい事ではあるのですが手放しで喜べない自分もいます。なぜなら、もう2...
2019.06.06
予期悲嘆

この子がいなくなるかもしれない

 ペットロスの悲嘆は何も失った時ばかりではありません。ちょっといつもと様子が違うな、或いは最近元気がないなと気づいて受診したところ、がんなど想定外の難治性の病名を告げられたり、手術をすれば治る見込みはあるけれど年齢的に高いリスクを伴う全身...