ペットロスについて

ペットロスに関する記事

ペットロスについて

忘れるちから-ペットロスの悲しみ

 ここ数年、めるものお世話を中心とした生活を送っていたため、「この子を失ったら私は一体どうなってしまうのだろう」と常に恐れる気持ちを持って暮らしていました。そんなことになったら自分が壊れてしまうのではないか…と想像して、立ち直れる気が全く...
ペットロスについて

集団の心理と個人の本音

 先月、 付き合いで新年会に出席しました。メンバーは40代の男女で仕事も家庭もそれなりに充実しているといった、一見大人の方たちです。全く共通点が見いだせない彼らですが、お酒を飲みながらという事ならフランクにお話ができるかなと少しは期待して...
ペットロスについて

コミュニケーション不足と不信感-病院選び

 今回は病院選びについてのお話です。昨今、随分と動物病院が増えて選択肢も広がりました。しかし、治療に納得がいかない、またはドクターに不信感を感じたことがあるなどの話も少なくありません。ドクターだって人間ですからもちろん相性もあります。しか...
ペットロスについて

視点を変えると景色が変わる

 もうすぐクリスマスですね。先日の夕方、2歳くらいの女の子がお母さんと住宅街を歩いていました。しばらくすると、どこかのおうちの外壁のクリスマスイルミネーションに見惚れて立ち止まってしまいます。そして、しきりに「キレイ!キレイ」と指さして、...
ペットロスについて

複雑な心理ー話すほどに悲しい気持ち

 数か月前、出先で偶然元同僚に会いました。特に親しくしていたわけでもないのですが、顔を合わせれば世間話をする程度の間柄です。その時も互いの近況などをざっくりと話したのですが、彼女から「猫ちゃん元気?今は何匹いるの?」と訊かれ、とっさに「3...
ペットロスについて

苦しい感情ー後悔と自責感について

 喪失といっても様々なケースがあります。病気や高齢により自宅や病院で看取れる場合だけとは限りません。交通事故や不慮の事故、不注意による脱走などの行方不明。更には重篤な症状が回避できない末期の病気に際しての、安楽死という苦渋の決断。色々な事...
ペットロスについて

悲しみのプロセス

 愛猫が旅立ってから先週でちょうど4か月となりました。依然として押し寄せる悲しみの度合いから考えると、もう4か月も経ってしまったのかという感覚です。特に最初の頃は、亡くなる数日前からの苦しそうな姿や、息を引き取った時の衝撃的な場面が何度も...
ペットロスについて

理解できない家族の反応

 案外多いご相談です。あんなに可愛がっていた愛犬が亡くなったのに、母がさっさとリードや食器を片付けてしまった。或いは「お世話が大変だったし、居なくなって済々した」と言い始めた家族に怒りと戸惑いを感じている、といった内容です。同じ悲しみを体...
ペットロスについて

新たなペットを迎えるタイミング

 人によっては、新しい子を迎える事で気持ちが癒える場合があります。しかし、その場合はタイミングや心構えに注意を払う事が必要です。あまり日が経っていないうちに新しい子を迎え入れると、どうしても前の子と比べてしまう事になってしまいます。保護団...
ペットロスについて

逢いたい気持ち-僕のワンダフル・ライフ

 ”僕のワンダフル・ライフ”という映画をご存知でしょうか?オリジナルタイトルは ”A Dog's Purpose” というアメリカ映画です。野良犬として生まれた犬のベイリーは、一度目の転生で命の恩人で最愛の飼い主となるイーサン少年と出会い...